基本的留学情報

基本8:授業料

bar11_blue.gif

一般に州立大学が安くて、私立大学は高い傾向にあります。州立大学の場合、だいたい12000ドル(150万円:1ドル=125円)、私立大学の場合、だいたい22000ドル(275万円:1ドル=125円)くらいです。州立の短大になると、6000ドル(75万円:1ドル=125円)くらいになります。

しかし、大学によってそれぞれ異なるので、一概には言えません。たとえばカリフォルニア大学(州立)の場合、年間授業料は約19000ドルかかります。授業料のほかにも、教科書代や、保険代、登録料などもかかります。

上記は留学生つまり州外学生の授業料です。アメリカ人、すなわち州内学生の場合、州立大学の年間授業料は3000ドル程度、州立短大では400ドル程度です。私立大学は関係なく、みんな同じ授業料です。

留学生が奨学金をもらうことはほとんどできませんが、大学によっては成績で授業料のうちいくらか免除してくれるところもあります。例えば、ハワイ大学の場合はGPAが3.00以上だと、授業料が州内学生(年間3000ドル程度)と一緒になります。しかし、ハワイは生活費が高いのでそのことも考慮に入れる必要があります。また、オッシーが通っていた北アリゾナ大学でもGPAが3.25以上だと、年間5500ドル授業料が安くなります。このように、そんなに多くはありませんが、大学によっては留学生に奨学金を与えてるところもあります。

 

お勧めリンク

 

 

 

前へ ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.