基本的留学情報

基本4:コミュニティーカレッジ

bar11_blue.gif

アメリカにはたくさんのコミュニティーカレッジが存在します。日本で言う2年生短期大学ですが、ほとんどの学生が4年制大学へ編入します。日本の短期大学と役目はずいぶん違います。授業料が4年制大学と比べて安い(州内学生の短大の年間授業料は300〜400ドル程度なのに対し、4大になると年間3000ドル程度)ので、自分で学費を稼いでるアメリカ人学生はいったんここで一般教養課程を学んでから、4年制大学へ編入します。そのため、ここではさまざまな種類の授業が用意されています。たとえば、天文学、物理学、工学、経済学、経営学、心理学、歴史など、多岐にわたります。学生数も、規模もさまざまです。日本の短大とはずいぶん違います。しかも、少人数制授業をしているので、1人1人のケアが行き届いています。

留学生の授業料は州外学生の授業料(短大は年間6000〜8000ドル程度なのに対し、4大は年間10000〜20000ドル程度)ですが、4大と比べると短大での授業料は半分以下なので、質のいいプログラムをアメリカ人学生みたいに安く済ませることができ、留学生も最初のステップとしてよく、コミュニティーカレッジを選びます。

また、コミュニティーカレッジは4年制大学に比べてTOEFLの基準を甘く設定していることが多いので、TOEFLの点数が4年制大学の基準に満たないがコミュニティーカレッジの基準はクリアしているという留学生もよくここから留学をはじめます。1年後2年後に英語力が付いてきた段階で4年制大学に編入するということも多くいです。コミュニティーカレッジは留学生にとって門が広くなっているのも人気の理由であると思います。

 

お勧めリンク

 

 

 

前へ ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.