お得な留学情報

情報7:大学選び

bar11_blue.gif

規模の小さな大学(学生数1万人以下)は、それだけ学生数が少ないので、クラスも少ないです。と言うことは、選択が少なくなると言うことです。アメリカの大学は自分で選んでクラスを登録するので、クラスが少ないと、損です。たとえば、A校では、Math192のクラスが5クラスありますが、B校では1クラスしかありません。ということは、B校の学生は選べません。もし、ほかのクラスとかぶっていたら、取れません。っと言うことです。

それに、多種多様なクラスがありません。規模の大きな大学だと、天文学、国際関係学、工学、演劇など、いろいろな授業が取れます。しかも、夜とか、週末とかのコースも用意されています。

だから、僕は規模の大きい大学(1.5〜2.5万人)をおすすめします。

大きすぎても、1人1人のケアが行き届いていないので、お勧めしません。

僕はディアブロバレーカレッジに通っていましたが、学生数は23000人で、大学は夜10時近くまで開いています。大学内には池、競技場、美術館、天文台、プラネタリウムまであります。サンフランシスコまでは車で1時間くらいで行け、近くにはチャイニーズマーケットなどのアジアのスーパーがあり、かなり便利であった。

当管理人ははアリゾナ州の北アリゾナ大学にいましたが、学生数は約1万8000人で、蔵書数150万の図書館は夜11時30分(テストの時は夜中まで開いている)まで開いていて、日本だけじゃなくて世界のオリンピック選手(北島が来てた)が来るほどの施設の整った大学のジムなども無料で利用でき、大学内には1万5000人収容のドームや、オリンピックプールなどもあります。田舎であることもあり、治安もよく、四季のある気候で、夏は涼しく、景色もよく、快適です。冬場はちょっと寒いですが。

 

お勧めリンク

 

 

 

 

前へ ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.