お得な留学情報

情報4:専攻選び

bar11_blue.gif

アメリカの大学は専攻が決まってなくても、2年次終了までに決めればいいのです。要するに短大の人は編入までに決めていればいいですが、何も決めていないまま編入することも可能です。。

しかし、当然ながら、専攻によって取る教科が決まってくるので、早く決めることはかなり有利になります。少なくとも理系か文系かくらいは決めておいたほうがいいです。なぜなら、文系と理系では取る教科がまったく違うからです。理系では、取らなければならない教科がかなり多いので、もし間違えれば、卒業がそれだけ延びます。ご注意ください。これも、自分の責任です。

理系と文系なんて決まっているようで、実は案外留学している人で高校では文型の人が理系に進んだり、理系の人が文系に進んだりと多様化していて、こういうことができるのもアメリカの大学のいいことだとは思いますが、リスクが大きくなりますので、早めに決めることが、その後の卒業までの期間に影響してきます。途中で文型の人がやっぱり理系がいいと専攻を変える人も結構いますで、しっかりと確実に決めてください。

 

お勧めリンク

 

 

 

前へ ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.