その他

お金

bar11_blue.gif

留学するときに持っていくお金はどうするのって方に。

キャッシュ

日本の主な銀行で取り扱っています。銀行によっては自動販売機などで購入できます。100ドル単位の購入になります。国際空港でも両替できます。レートはトラベラーズチェックより1円〜2円くらい高くなります。その分手数料がかかりません。しかし、落としたり、盗難にあった場合には、ほぼ100%戻ってきません。多額の現金は持っていかないようにしましょう。1ドル札、5ドル札、10ドル札、20ドル札などのこまかい紙幣を用意しましょう。100ドル札などは敬遠されがちで、店で出しても嫌な顔をされます。現地の観光地などでは、両替所がまれにあります。日本円をドルに変えてくれます。

トラベラーズチェック

これは、日本語で旅行小切手と言い、たいていの大手銀行や郵便局で取り扱っています。アメリカに行くときに、多額の現金を持っていくのは危険で、盗難にあったときには、ほぼ100%戻ってきません。そういうときに、現金をトラベラーズチェックにしておくと、盗難にあっても再発行してもらえます。そのかわりに、手数料が全額の1%かかります。例えば、1000ドルをトラベラーズチェックにすると、12万5千円(1ドルを125円)プラス、手数料がその1%で1250円。合計12万6250円となります。くれぐれも購入したらすぐに右上にサインをしましょう。これがないと、落としても再発行してくれません。サインはパスポートと同じにしましょう。使うときによくパスポートのサインと照合されることがありますので。

クレジットカード

アメリカに行くときには必ず1つはもっていきましょう。アメリカで作ろうと思っても学生は作れない場合もあるので、日本で作っておきましょう。ビザかマスターが一般的です。アメリカンエキスプレスは最近では使えないところが多くなってるそうです。これは、身分の証明にもなります。レンタカーを借りるときなどに、持っていないと多額の保証金を要求されたりします。しかし、小さな店では取り扱っていないことがあるので、これ1つに頼るのはやめましょう。たいていのファーストフード店でも、クレジットカードは使えません。トラベラーズチェックは使えます。キャッシュとトラベラーズチェックも忘れずに。

クレジットカードの限度額以上の授業料をカードで払うときは、事前にカード会社に電話して、限度額を引き上げてもらいましょう。親の承諾が必要なときもありますが、これで授業料がカードで払えます。オッシーの場合は40万円の限度額をいつも50万円まで引き上げてもらいます。60万円まで引き上げるときは親の承諾が必要でした。多額の授業料のときはカードとチェックを組み合わせて払うこともできます。大学によっては分割できるところもあります。

DCカードの場合はポイントがたまると商品や商品券なんかに交換できるのでオッシーはなるべくカードで払うようにしています。一括払いだと手数料も取られないので。今までもらった商品券は5000円のDC商品券4枚(2万円分)と、3000円のスターバックスプリペイドカード。

DCカードJALカードVISA

国際キャッシュカード

銀行によってはアメリカのATMで日本の口座から直接現地通貨を引き出せるものもあります。しかし、1度に引き出せる現金の額は現地のATMによってまちまちです。シティーバンクの場合、最高600ドルです。手数料が1回に付き200円、残高照会は1回につき400円かかります。インターネットバンキングで残高は照会できます。送金よりも割安で現金を引き出せます。でも、現金の取り扱いにはくれぐれも注意。

1日の最高の引き出し限度は4000ドルくらいです。すなわち、1回の引き出し限度は800ドルくらいなので、1日に5回くらいまでは引き出せます。次の日にはまた4000ドルくらい引き出せるので、分けておろせば授業料も払えちゃいます。

三井住友銀行の国際キャッシュカード
発行手数料1050円で、全世界の35万台あるプラス(PLUS)提携銀行のATMを利用できる。

Bankers Partner提供三井住友銀行みずほ銀行シティーバンクなど)

銀行

現地で銀行を開く場合はFDICに加盟している銀行を選ぶことをお勧めします。口座はチェッキング口座とセービング口座の2種類があります。前者は通常使うための口座で、利息はつかず、後者はお金を貯めるための口座で、利息はつきます。銀行によって最低限の預金残高(シティーバンクは1500ドル、バンクオブアメリカは1000ドル)を入れておかなければ、毎月口座維持手数料(シティーバンクは7ドル50セント、バンクオブアメリカは8ドル50セント)が発生します。これはチェッキング口座の例で、セービング口座はたいてい預金残高が最低3000ドルのところが多いみたいです。

Bank of America:全米に支店を持つ大きな銀行。時にアメリカ西部。

CitiBank:西部で多い銀行。

Union Bank of California:カリフォルニアの都市銀行。

Wells Fargo:カリフォルニアなどの東部に多くの支店を持つ銀行。

送金

日本のたいていの銀行からアメリカの銀行にお金を送金することができます。これには1回に付き手数料が5000円くらいかかり、プラス、為替変換手数料も取られ、かなりの出費になります。郵便局でも同様のサービスをしていて、こちらの場合は銀行よりも安く送金することができます。小額ならば、上記の国際キャッシュカードで現地ATMから引き出すのが安くて、便利です。最近では、いろいろな会社が格安の海外送金サービスを提供してるところもあります。

ゆうちょ国際送金
JCB留学生向け海外送金サービス

その他

アメリカにお金を持ち込むときに、10000ドル(約125万円)以上だと、申請しなければなりません。その場合、約10%税金がかかります。もし申請せずに行って、それが見つかった場合、没収されるのでご注意ください。

 

お勧めリンク

 

 

 

前へ ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.