オッシーのジャーナル:留学・大学編

留ジャー4:日本よりもアメリカの大学の授業料は高い!?

bar11_blue.gif

アメリカの大学の年間授業料はまちまちですが、短大の場合は5000ドル〜8000ドルくらい。州立大学の場合は10000ドル〜19000ドル。私立大学の場合は、22000ドル〜28000ドル。日本の国公立大学と比べると、4年制大学は高いです。日本の私立大学か、それ以上はします。

でも、これは留学生の場合!上記は州外学生の授業料。アメリカ人や、グリーンカードを持った留学生でその州に1年以上住んでいる人は上記よりも格段に安い州内学生の授業料が適用されます。そのときの年間授業料は、短大の場合で300ドル〜500ドル。州立大学の場合は1500ドル〜6000ドル。私立大学は州外学生と同じです。

オッシーの前に行っていた短大ではオッシーは年間7000ドル(サマークラスも含む)くらい払ってましたが、アメリカ人は400ドル程度。単位あたりにすれば、留学生は1単位160ドル。アメリカ人は1単位11ドル。留学生は10倍以上の授業料を払ってることになるんです。まー短大側からすれば、留学生ウェルカム!留学生で生計を立ててるといっても過言ではありません。

オッシーの今行ってる大学は留学生が少ないため、ある一定のGPAを持った留学生に奨学金を与えてるみたいです。授業料のうち、5500ドル免除。留学生の授業料12000ドルのうち5500ドルですから、オッシーが年間に払う授業料は6500ドル。5500ドルの奨学金を留学生にあげたところで、まだアメリカ人が払う授業料の2倍を払うわけですから、ここでも、留学生ウェルカムなんです。どこに行っても留学生はお金をもたらしてくれるので、ウェルカムなんです。

ということは、アメリカ人はかなり安いお金で大学にいけちゃうし、短大の場合は全員入学できます。だから、大学に何年間もいるというアメリカ人がいっぱいいます。授業も自分で選んで、登録し、進級もない(取得した単位数で学年が決まる)ので、留年ということもないのです。データも指し示すとおり、大学生が4年間で卒業する率は20〜30%といったところでしょう。平均6年間は大学生をやっておられるみたいですよ。もちろん全員がそういうわけではありませんよ。確かに、小学生で大学を卒業しちゃう人もいますが、授業料が安すぎて、全員入学のアメリカでの重大問題でしょう。

 

お勧めリンク

前へ ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.