オッシーのジャーナル:留学・大学編

留ジャー1:4大の図書館は短大の図書館よりもはるかに便利ででかい!

bar11_blue.gif

オッシーは学生数23000人のカリフォルニア州のDVCと言う短大に2年間過ごした後、4年制大学である学生数15000人のNAUに編入しました。それで、まず大学の違いで気がついてことは、図書館がとてつもなくでかい!ってことでした。やっぱり、学生数が多い短大でも、しょせん短大!DVCの蔵書数は9万冊でしたが、NAUのそれは140万冊。短大と比べたら4大はやっぱり規模が違います。図書館の広さも10倍くらいはあるかと思います。DVCは1フロアでしたが、NAUは3階建てで、図書館だけ独立した建物になっていて、その中にスターバックスコーヒーもあるし、パソコンもたくさんあり、コピー機などもDVCと比べるとたくさん置いてました。それに、勉強するためのたくさんの机があちらこちらに置いており、たくさんの学生にも対処できるようになっています。それに、NAUの図書館は平日朝7時30分から夜11時30分まで、土日も開いており、日曜日は開いてないDVCの図書館との便利さでは断然NAUが勝者であるのは間違いありません。

NAUとDVCを例に取りましたが、DVCはかなりでかい短大で、短大の中でも充実してる方だと思います。っと言うことは、もっと小さな短大と比べると、かなり想像を絶する大きさであることは言うまでもありません。しかも、NAUよりももっとでかい大学だったら蔵書数が300万冊とか、400万冊ってあるだろうし、24時間365日開いている大学の図書館もあることから、その便利さを比べた場合、どれだけの差があるのかは思い知れません。

 

お勧めリンク

ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.