オッシーの番外コラム

コラム1:自動車免許切り替え

bar11_blue.gif

アメリカで取得した免許を日本の免許に切り替える方法と、オッシーが実践した方法をご紹介します。以下の窓口は大阪府警察門真試験場でのものなので、他都道府県ではその指示に従ってください。

 

取得するのに実際かかった費用

  申し込み 1回目 2回目 3回目 4回目 合計
交通費 1110円 1110円 1110円 1110円 1110円 5550円
翻訳費 3000円         3000円
予約料 2400円 2400円 2400円 2400円   9600円
貸車料   1150円 1150円 1150円 1150円 4600円
免許交付手数料         1650円 1650円
合計 6510円 4660円 4660円 4660円 3910円 24400円

よってオッシーが5回試験場に足を運んで実技試験4回目で取得した合計金額は24400円。合格した日はプラス昼食代が必要!まー安いかな。教習所に通うよりは安いですよね。

でも、最初の申し込みの日は入社前だったので、会社を休まずにすんだが、残りの4日間は会社を休んで行ってきました。かろうじて、夏休みと重なったために、3日間は有給を使わずに休めたが、4日目は有給を使って休みました。

 

内訳

交通費(京橋の駐輪場代・京橋から古川橋まで京阪電車・古川橋から試験場前まで京阪バス)

翻訳費(JAFで外国の免許書を日本語に翻訳してもらう費用)

予約料(実技試験日を予約するために支払う費用)

貸車料(試験車両を借りるために支払う費用)

免許交付手数料(免許証を作成するために支払う費用)

 

申込日

この日は以下の書類を持参して6番窓口(外国免許課)に行きます。

1、外国の免許
2、外国の免許のコピー(JAFで3000円で作ってくれます。JAFだけ。領事館は×。)
3、海外に3ヶ月間いたことがわかる書類(パスポート)
4、住民票の写し(外国人は外国人登録証明書みたいなの)
5、写真

以上の書類を渡したら、別の書類をくれるのでそれに必要事項を記入して、それをまた6番窓口の人に渡して、待ちます。呼ばれたら、外国免許についていろいろ以下のような内容が聞かれます。

1、外国免許の取得方法(筆記、実技などについてことこまめに。採点方法とか、問題数、合格基準など)
2、どれくらいの頻度で車を運転していたかとか。

それが終わると、少し待ってから、筆記試験です。これは簡単で10問中7点以上で合格。窓口の人に「勉強しますか?」って聞かれて、はいと言うと、本を渡されて、時間をくれます。それで、準備ができたら筆記試験を受けます。○×問題です。その場で採点されて、間違ったところは説明してくれます。オッシーは1問間違えましたが、筆記試験合格。

それで、今度は2400円の収入印紙を買って、視力検査をしてから、24番窓口で実技試験の予約をしにいきます。それで終了です。試験日まで待ちます。

実技試験1回目

朝は7時から8時まではコースの下見ができます。オッシーも最初は下見をしました。

受付は8時30分からで、24番窓口で予約の日にちの書いた紙を見せてから、23番窓口で貸車料を払い、待合室へ。おっさんがきてコースの説明を20分くらいします。

それが終わったら9時までに戻ってくるように言われて、9時になったら画面に試験を受ける順番が表示されて、教官が来て申し込み日に書いた書類を渡していきます。

それで、自分の番が来るまで待ちます。待機と表示されたら、発着場に行って待機します。それで、同乗、試験となります。

乗車したら試験官に先ほどもらった書類を渡します。

試験中は教官が「どこどこを曲がってください。」という風に案内してくれるので、道を覚えておく必要はありませんが、ある程度は覚えておいたほうが、無難です。

試験が終了して、発着場に戻ってきたら、あきらかに不合格のときは書類を返されて、「24番窓口で再予約してください。」と言われます。合格のときは「何時に24番窓口で待っていてください。」といわれます。

オッシーの1回目はコースを全部走ることなく途中で試験終了しました。点数が70点以下になったら自動的にコースの途中でも発着場に戻るように告げられます。

予約料をまた払って再予約してから家に帰ります。

試験官から告げられたワンポイントアドバイスは、「クラッチを踏むのが早すぎる。惰性で車を走らせない。」とのこと。泣く泣く帰りました。

 

実技試験2回目

1回目と同じ。

試験官から告げられたワンポイントアドバイスは、「クランクの入り口で乗り上げましたね。」とのこと。

実技試験3回目

1回目と同じ。

試験官から告げられたワンポイントアドバイスは、「左に曲がるときに大きく回りすぎ。きちんと巻き込み確認して、道路ぎりぎりで乗り上げることなく曲がってください。」とのこと。

実技試験4回目

1回目の途中まで同じ。

試験が終了して発着場に戻ってきて、合格っぽかったら、試験官は何も言わないので、車から出ましょう。それで、呼び戻されて、アドバイスを言われて、11時に24番窓口に来てくださいと言われます。

それで11時に待っていると教官が来て、視力検査を行ってから、合格と告げられます。それで、今度は「12時45分に6番窓口に来てください。」とのこと。

12時45分に6番窓口に行くと、「合格おめでとうございます。写真撮影をするので、3時に28番に来てください。」

3時に28番に行くと、写真撮影をして、免許証交付室で30分くらい待ってから、一人ずつ交付されます。3時30分にようやく交付でした。

っていうか、長すぎるだろうがよ。さっさと写真撮らせてくれよ!って感じです。しかも、免許証交付を郵送でもできるようにしてください。せっかくの休みが台無しです。

P.S.オッシーの場合は外国免許を取得して1年以上たつので、初心者標識免除でした。要するに初心者マーク(若葉マーク)をつけないで運転できます。

 

やれやれ。これで

オッシー普通車MT免許

取得成功!

 

完結!

 

お勧めリンク

ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.