アメリカ情報

アメリカ5:アメリカのいいとこ・悪いとこ

bar11_blue.gif

アメリカに長いこと住んでいると、その国のいいところ、悪いところを日本と比較してしまいます。

いいとこ

 

事例

事例の説明

事例 1

車の維持費が安い。

ガソリンが安い。日本の半額くらいです。

遠くに行くときも、高速道路代は考えなくてもいい。高速道路がタダ。料金所なんてありません。

車検がない。古い車を買っても、毎年車検を気にする必要はありません。

事例 2

CD・DVDが安い。

最新アルバムは14ドルくらい。最新作の映画のDVDは20ドルくらい。

事例 3

お酒が安い。

オッシーの大好きなZIMAは6本入りで6ドル程度(約630円くらい)。オッシーは日本の居酒屋で1本500円くらいで飲んでました。

バドワイザーも6本で6〜7ドルくらい。安い。

事例 4

タバコのマナーがいい。

公共の場所では全て禁煙。レストランでも全て禁煙。喫煙席なんてありません。くわえタバコもほとんどありません。

こんな禁煙大国は世界中どこを探してもアメリカくらい!ヨーロッパにも行ったけど、日本以上に大喫煙国。タバコ吸わない人にとってアメリカは天国かも。

P.S.アメリカでは日本人は全員喫煙者と思われている。「吸わない」と言うと驚かれる。

 

悪いとこ

 

事例

事例の説明

事例 1

インターネットが遅い。

ハイ・スピード・インタネットが都市部を除いてありません。あっても、国土が広いので、ADSLや光はありません。DSLかケーブル、Wirelessくらいで、そんなに速くないし。

事例 2

なんでも馬鹿でかい。

ペットボトルは2リットル。牛乳は1ギャロン(3.8リットル)。スーパーマーケットもどれだけでかいねん!ってくらい広い。

事例 3

チップ制度。

レストランでは何でもかんでもチップです。15%痛いよね。

事例 4

車社会。

公共の乗り物が少ない!道を歩いている人はメキ(メキシコ人)ばっか。車中心に町が作られている。レイジーアメリカンです。

朝はドライブスルー・コーヒーショップが人気。

事例 5

質が悪い。

本の質は悪い。ざらざらの紙に印刷されている。カラーは馬鹿高い。

事例 6

病院制度が悪い。

救急病院に行っても、待たされること2時間。救急じゃないし。

専門医に行っても、先に予約とってください。じゃー3週間後に来て下さい。そんなに遅かったらますます病気が悪化します。

事例 7

道路が悪い。
(特にフラッグスタッフ)

雪が多いからか、除雪するときに、一緒にアスファルトまではがしていきます。だから、道路は穴だらけ。早く修理しろよ。穴埋めたらええねん!

事例 8

素直に「ありがとう。」と言わないアメリカ人。

ノートを貸しても、平気で1週間後くらい遅れて返すし、しかも、返すときのひと言は、「Here we go!」。なめてんのかこの野郎〜!。

 

お勧めリンク

 

 

前へ ホーム 次へ

注意

 このページの情報は管理人本人(オッシー)の価値観や知識や経験に基づいて書かれていますので、すべてにあてはまるとも、正しいとも限りません。
もし、トラブルが発生しても、オッシーは責任を負いかねますので、ご了承ください。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

 

Copyright© 2000. nobuyuki777.com All Rights Reserved.